yumulog | 社会人博士の日記

はてなブログに引っ越しました / 石川県に引っ越しました

専門を絞りきれない研究者が歩む「ポリバレント研究者」という道

f:id:yumu19:20190523001008j:plain

(写真は、先週の博士論文一次提出時の様子です)

というエントリを先日読んだ。ネットワーク分野、NICT、社会人博士という共通点が多々あることもさることながら、「研究者を標榜しながらスペシャリストを諦めゼネラリストとして生きるという選択肢は、矛盾・葛藤を孕む」というのが、まさに普段自分が抱えてる葛藤で、あなたは私か!?と思うほど大変共感しながら読んだ。

私のキャリア詳細は記述せずポートフォリオを貼るにとどめるが、地球惑星科学を専攻した後に情報科学の分野に移り、情報科学の中でもネットワーク、Human-Computer Interaction、ユビキタスコンピューティングと取り留めなく分野を選んできた。また、研究活動の場も大学、国研、大企業、ベンチャー企業と転々としてきた。

また、周囲の情報系研究者やエンジニアを見渡すと、中学生・高校生からバリバリプログラミングやってましたという人ばかり目につく。そうなると大学の授業で初めてプログラミングに触れ、仕事でエンジニアやっていたので一応プログラム書けます程度の自分の専門性の浅さを思い知らされたりもした。なので、先述のような葛藤を抱えていて、こういう専門が複数ある研究者のことをどう表現すれば良いのだろう、どういう強みがあるのだろうとよく考えていた。ジェネラリスト型研究者、と呼ぶこともできるであろうが、ジェネラリストという言葉はすでに意味が定着している上に「ジェネラリスト」と「研究者」という反対の性質をもつものを結びつけることで矛盾する感じがして、別の呼称がほしかった。ところが、以前ある概念を思いついてからなんとなく整理がついた。それが、タイトルにもある「ポリバレント研究者」だ。ポリバレントというのは、サッカーにおいて1人で複数のポジションをこなせることを意味する。イビチャ・オシム氏がサッカー日本代表監督に就任した頃に流行った用語だ。ちなみにポリバレント(polyvalent)という英単語は、「多価」という意味の化学用語である。サッカー用語としては、世界共通で使われているわけではなく、日本独自のものである。

日本人サッカー選手の精鋭を集められる代表チームであれば、サイドバックの専門家など各ポジションを極めた選手で構成した方が良いと考えるかもしれない。しかし、特に近年はサッカー戦術の発展が著しく、試合の中で一つのポジションの役割が流動的に変化する。そのため、ポジションを越えたチーム戦術の理解と、戦術に合わせた役割の変更に対応することが重要なのであろう。あとは単純に、代表チームでチームの人数枠が限られている*1ので、ケガ人や不調の選手が出るとチーム構成がままならなくなるので、複数ポジションをカバーできる選手が重宝されるというのもあるが。

この、ポリバレントという概念を研究者と結びつけることを思いついてからは、ポリバレントなサッカー選手に強みがあるように、複数の分野にまたがる研究者にも同じような強みがあるんじゃないか、と思っている。例えば、他分野の知見が必要になったとき、その分野に飛び込んでコミュニケーションをとることは、(ステレオタイプな偏見を大いに含むが)ずっとひとつの専門で続けてきた研究者の方が苦手なように見える。自分が知らない分野への敬意は大事だが、自分から飛び込まないとなかなか話が進まない。もっとひどい場合では、外から見て「あの分野はダメだ」とdisってる。一方、ポリバレントな研究者だと分野を越えることに全く躊躇いが無い。越境することができる研究者って意外と少ないので貴重なんじゃないだろうか。

研究分野のポリバレントの他にも、基礎研究から実用技術化、社会実装まで、研究のフェーズによって研究者の役割が変わってくる。こういったフェーズごとにいろんな役割をこなすという意味でポリバレントもあるかもしれない。こうなってくると、ただの器用貧乏という風にも見られるのだが、器用貧乏にならないためには分野や役割によらずにどこでも発揮できる「自分の軸」が必要なのかも。

先のエントリのスライドにあった図を見てなるほどと思ったのだけど、この「菊地の狙い目」と書いてあるスペシャリストとジェネラリストが重なるところがポリバレント研究者なのかもしれない。

*1:W杯なら23人

平成と令和とインターネットと情報科学

f:id:yumu19:20190502145700p:plain

令和が終わる頃、令和がどんな時代だったと振り返られるだろう。想像してみると、VR、自動運転車、人口減、都市集中あたりが挙げられるかな。ただ、その時代がどういうものだったかは、次の年号に移るときに振り返るのもそうだけど、200年くらい経ったときにどう語り継がれているかが本質だと思う。

平成は間違いなくインターネット勃興の時代と言われるだろう。PCという端末を通じて情報にアクセスできるようになり、 スマートフォンという端末を通じてそれがいつでもどこでも持ち出せるようになった。まだ平成が終わったばかりだからだろうけど、とてもわかりやすく進化したと感じる。

「端末を通じたインターネット」を実装をしたのが平成だとすると、「社会に溶け込んだインターネット」が始まるのが令和なのではないか。現在、インターネットは情報端末を通じてアクセスするのがメインだが、これはまだインターネット社会のプロトタイプに過ぎない。物理世界にあるデバイスの情報や、そのデバイスが取得する情報を取り込んだり、その情報を社会システムの前提として組み込んだり、処理した結果を物理世界にフィードバックすることでインターネットのポテンシャルが発揮される。

こんなことは、IoTの文脈でも散々言われてきた。ただ最近は、IoTってスピーカーが喋ったり玄関の鍵をスマホで開けられたりするというところでイメージが落ち着いてきてしまっているようにも思える。IoTってそれだけじゃなくて、もっと壮大な何かなんですよ(語彙力)

こういうコンセプトを実現して社会に溶け込ませるにはかなり総合的に学際的に知見を積み重ねていく必要があって、こういう研究をする分野をなんて呼べば良いんだろう。と考えて出てきたのは「情報科学」だ。日本語の「情報科学」は、英語の "Computer Science" の訳に相当する。いままで、Computer Scienceを情報科学と訳したことにとても不満を持っていたのだけど、こう考えると情報科学というのはとてもいいワードだなと感じる*1。Computer(計算機)でもComputing(計算)でもなくて情報が主体になる。

最近、この先何をしたいのか考えることが多いんだけど、残りの人生でバリバリ活動できる期間は概ね令和と一致すると思われるので、この先の自分のことを考えるのと令和がどういう時代になるか考えることはいろいろと共通する。ということで令和もやっていこうと思うんですけどね。

*1:いいワードだからといって紛らわしいことには変わりないが

社会人博士進学を検討するなら論文読もう

f:id:yumu19:20190413203421j:plain

過去の記事

にも似たようなことは書いてるんですが。

社会人博士での進学を検討しているなら、入学前にとりあえず論文読むのを習慣づけるのがお薦めです。arXivやResearchGateやオープンアクセス誌の普及もあって無料で読むことができるものが増えてきましたし、学費よりはACMIEEEの会員になる方が安いので。進学した場合に研究時間を実際どのくらい取れそうか計測する参考になりますし、研究室選びの参考や研究テーマ検討にもなりますし、博士課程では査読付き論文を数本書くことになるので修了のハードルの高さが想像つきやすくなりますし。あと単純に論文読むの面白いです。

実際の論文サーベイは英語論文が対象ですが、慣れるまでは日本語の論文を読む方が良いと思います。情報処理学会論文誌だと、2年前より古いものであれば無料で読めたと思います。日本語でも、研究会論文(研究報告)ではなく、ジャーナル論文(論文誌の論文)を読むのをオススメします。研究会論文は査読がなく玉石混交なので。

読む論文は、Google Scholarで興味のある単語で検索するか、情報科学系の場合は情報処理学会 電子図書館 でインデックス眺めてみると良いかと思います。情報科学と言っても幅広いので、興味を絞れなかったら、 研究会リスト から興味対象を絞っていくのもよいかもしれません。

論文や学会についての基礎知識はこちらが参考になります。

論文は、ただ漠然と読むだけでは知識が身にならないので、まとめながら読むのがいいです。

参考

文章の編集作業は難しい

f:id:yumu19:20190111105544j:plain

今年度から情報処理学会誌の編集委員を務めており、記事の原稿の編集作業をしているんですが、これがなかなか難しい。

「ここの部分は自分ならこう書くよ!」というのはあるのだけど、それを押し付けてもいいものなのかどうか。「ここをちょっと変えるだけで読みやすくなるんだけどなー」という箇所でも、読みやすいかどうかは主観なので指摘すべきかどうか悩ましい。読みやすくするための一般的な規則がある場合もあるけど、結局主観なので万人に共通するものではないし。文章の勢いや雰囲気というものもあるので、論文とは違ってわかりやすく書くのが一概に良いとは言えないし。

という感じで悩みながら編集を進めてます。プロの編集者はどうやってるのか、近くで仕事見てみたいな。

ちなみに、いま編集している特集は5月出版の号です。この特集、超面白いのでぜひ見てくださいねー。執筆いただいている皆様ありがとうございます!