yumulog | 社会人博士の日記

はてなブログに引っ越しました / 石川県に引っ越しました

親知らず抜いた

親知らず抜きました。

下の両側2本あって、両方とも真横に生えてる。今はまだ虫歯になったりしてないけど抜いたほうがいいとのことなので。





行く前に、以下の記事みて予習。

http://portal.nifty.com/koneta05/01/23/01/

http://mclover.net/Essay/Oya1.htm



得られた情報は

  • 術中は麻酔が効いてるので全く痛くないらしい
  • 麻酔が切れた後、その日くらいは超痛いらしい
  • 3日くらいあんまり食べられないらしい





麻酔切れたら痛いのかー。うへー。

そして、逆側の歯で食べればなんでも食べれる気がするんだけど。







で、歯医者へ。

レントゲンをもう一度確認すると、親知らずはあんまり長くない。むしろ普通の歯よりも短いくらい。これってレントゲンにうつってないだけなのかなあ。



麻酔をいっぱい打つ。普段の治療よりもかなり多めに。これは安心。



歯茎と歯を削り始める。麻酔が完全に効いてるので全然感覚なし。ただ、血が超飛んでる。

真横に生えているのでそのままでは抜けないので、砕く。

砕くときにはメキメキという音がたぶん頭蓋骨で聞こえる。



ピンセットぽいので抜こうとするがちゃんと抜けないらしい。

削る-砕く-抜くを何度か繰り返しているらしいが、それでもなかなか抜けないらしい。時間も予定よりおしてる。

そして、なんか抜くための道具がいろいろ登場してくる。



最終的には糸が登場。

糸でくくりつけて一気に抜くのか。なんと原始的な。と思いながら糸がくくりつけられるのを待つ。



糸のくくりつけが終了したぽい。さて、あとは引っ張るだけ。いつ抜くんだ。どうせならひとおもいに。







とか思ってたら、道具を片付けはじめ、かかっていたタオルも外され、リクライニングが起き上がる。







あれ、もうなんか終わりっぽい。







もう既に歯は抜かれてて、糸は傷口を縫うためだった。

なーんだ。



抜けた歯はレントゲンどおり短かった。









術後2時間くらいは麻酔が効いているので大丈夫。



そして、徐々に麻酔が切れ始める。

麻酔が切れるときの違和感がだんだん強くなる。



しかし、徐々になので、いつ痛み止めを飲めばいいんだろう。麻酔が完全に切れてから飲もうかなあ。とか思ってたが、痛みが強くなってきた気がするので飲む。麻酔切れるまで待つとか全然無理。



超痛いというわけではないが、傷の痛みと麻酔切れる痛みが混ざって変な感じ。たまに頭も痛くなる。

麻酔が完全に切れてしまったほうが一つの痛みに集中できるので楽になりそう。早く切れろー。





麻酔切れたあとは、楽になった。痛み止めも効いてるので、黙ってればほとんど痛くない。

ただ、飲み込んだり口をモグモグ動かすと口の内側が引っ張られるので痛い。

これはしばらく噛まずに飲み込みやすいものしか食べれなさそうだ。なるほど。





というわけで、しばらく安静にします。

痛み止めも効くし、傷口も家に帰ったときにはすでに血が固まってるぽく、なかなか順調そうです。