読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumulog | 社会人博士の日記

はてなブログに引っ越しました / 石川県に引っ越しました

プレゼンテーション Zen

プレゼンテーションzen

プレゼンテーションzen

  • 作者: Garr Reynolds,ガー・レイノルズ,熊谷小百合
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 51人 クリック: 912回
  • この商品を含むブログ (185件) を見る


自分は、どうすれば面白く効果的なプレゼンテーションができるか、ということにかなり興味があるのだが、今まで考えてきた事がこの本に詰まっていると思った。

具体的なテクニックというよりは、理想的なプレゼンテーションのコンセプトが述べられている。タイトルの通り日本の禅に学ぶという形で。

この本を読むことで、より整理することができたし、新たに取り入れられそうなネタもあった。





なんのためのプレゼンか、なんのためのスライドか、をよく考える。

スライドを作り始める前に、まずストーリーを良く練る。

主役は聴講者。 PowerPoint が主役ではない。

よくあるダメな例は、箇条書きの文字ばかりのスライド。

発表スライドと配布資料は兼ねられない。

スライドの S/N 比をあげる(無駄なものを徹底的に排除)。

会議室の明かりは消さない(←これ超同意)





ただし、例として紹介されているスライドのような構成は、研究的、技術的な発表へそのまま適用はできないので、そのコンセプトをどうやって具現化するか工夫は必要。



プレゼンテーションをする機会が多い人は、読むといいと思う。









そういえば、修論発表では、スライドのコピーではなく文章ベースのアブストラクトを配布することになっていたが、いま思い返すとあれはなかなか素晴らしい取り組みだったなあ。