yumulog | 社会人博士の日記

はてなブログに引っ越しました / 石川県に引っ越しました

返信ヘッダの変更

Thunderbird の返信ヘッダは



  ○○○○ wrote:



だけで、かなり不満。

設定ファイルを直接変更する方法は

user.js に例えば



// Change the reply header

// 0 - No Reply-Text

// 1 - [authorwrote][colon]

// 2 - [ondate][separator][authorwrote][colon]

// 3 - [authorwrote][separator][ondate][colon]

user_pref(”mailnews.reply_header_type”, 3);

user_pref(”mailnews.reply_header_authorwrote”, “――– Original Message ――– \n %s wrote”);

user_pref(”mailnews.reply_header_separator”, ” , “);

user_pref(”mailnews.reply_header_ondate”, “%s “);

user_pref(”mailnews.reply_header_colon”, ”“);




のように書き込む。最初の5行はコメントなので書かなくてもいいけど。

6行目で項目の順番を 1〜3 のどれにするか決め、7行目以下で項目の表示方法を決める。

が、見てわかるように送信元と日付しか設定できず、サブジェクトや送信元メールアドレスが表示できない。結局不満。



結局拡張機能を使う。



 Thunderbird Reset Quote Header



自分はうまくインストールできなかったんですが、どうやら Thunderbird を再インストールするとうまくいくみたいです。まだやってないけど。