yumulog | 社会人博士の日記

はてなブログに引っ越しました / 石川県に引っ越しました

バーレーン史上最高選手 サルミーン様

サルミーン、ナイスゴール!

ゴール前の混戦の中、冷静にゴール左隅に流した落ち着きと決定力!

助かりました。

バーレーン史上最高選手と評されていたサルミーンのまさかのナイスオウンゴール





軽く講評



前半

バーレーンDFガチガチのどん引きで、ボールは日本が圧倒的に支配していたけど、リスクを恐れロングボールばっかりになって深く攻め込めなかった。高原、中村あたりがもう少しドリブルで切り込んでいってほしかった。

日本得意のセットプレーに対しても、バーレーンはしっかりと対策していたらしく、得点源の中沢、高原、福西はボールを触らせてもらえなかった。(バーレーンがしっかりとクリアするのでその分コーナーキックが増えたが)





後半

前半と同様にバーレーンは守りを固めてスコアレスドロー狙いでくるかと思いきや、意外にも後半は普通に攻めてきた。バーレーンにとっては引き分けでも万々歳なはずだが、確かに、ここで1点とって日本に勝てば2位以内の可能性がかなり高まって日本の息の根を止めることができるので、リスクを犯す価値はあるのかもしれない。

とにかく、バーレーンが出てきてくれたので中盤には少しスペースができ、普通の試合展開ができるようになった。普通の試合展開になれば技術的に勝っている日本がいつも通り自由に展開できた。後半からはスペースでボールを受けた三都主がキープあるいは縦へ突破してクロスを上げるシーンが何度もあった。三都主はなんだかんだ言ってもやっぱ上手いです。今日は「適当クロス」もしなかったし。

しかし、バーレーンの守備は堅いのでなかなか崩せない。

やはりゴールはセットプレー頼み、というかサルミーンのゴールのみになってしまった。





危ないシーンは後半10分、3対3ぐらいのカウンターでバーレーンの左サイドから横パスで右につないでフリーでボレーを打たれたシーンぐらいだが、ちょこちょことミドルシュートを打たれているので、今回はほとんどふかしてくれたがきちんとチェックして対応して欲しい。とはいえ、守備陣はしっかりしていたのではないかと思う。





これでW杯に向けてかなり有利になった。次もバーレーン戦という不思議な日程のため、今回2枚目の警告を受けたバーレーン選手は次出れない。もし次のバーレーン戦も勝てばほぼ確定となる、が、アジアチャンピオンとしてはやはり1位通過が望まれる。







北朝鮮は今日も負けたが、両方ホームだったのだから1試合ぐらいは引き分けて欲しかった。これで日本もアウェイの北朝鮮戦を負けられなくなってしまった。





もしアラー・フバイルがいたらどうなってたことか。

いやぁ〜、とにかく勝ってよかった〜。